記述・模擬試験について

記述試験とかは公務員試験においては常識なのが現状でもありますが、やはり、そのための専門学校や専修学校とかの場合には、模擬試験を常にやっているところとかも多いようです。しかしながら、それを社会人である希望者本人が受験をしたりするような事は、正直、現時点においての仕事柄、正直大変な労力を要したりする面も少なくはないかもしれません。

しかしながら、日頃から事務的なお仕事などに従事をしたりしているような方の場合には、意外と好成績などが出せたりするかもしれません。それでもやはり、そうした方はほんの一握りですので、そのほとんどの社会人の方が仕事や私生活面においての事情から、受験勉強への時間を割いたり出来ないという点が、現実であるといえます。

また、体力面と知力面の両方を必要とする自衛隊や警察、海上保安庁とかの場合には、本当に体力と頭の両方を酷使したりしたうえで、採用試験を受験したりするようなこととなりますので、本当に根気が必要になります。とにかく現在の仕事をこなしながら模擬試験への対策を立てたりするようなことになりますので、その労力の必要性などといったものは、決して半端な勇気や憧れだけではこなしたりする事はほぼ困難であるといえます。受験をするだけでも、社会人の場合には余程な覚悟が必要です。

Writen by 運営者