面接対策講座

そして、職種によっては、公務員試験などにおいても、面接試験などがあるところもありますので、それなりの対策は必要になってきます。そこで、先程の専修学校その他の学校に通う学生さんと同じように、社会人の方の中でも面接対策講座を受ける方もいるかもしれません。しかし、それでも一般の専門学校生や大学生、高校生などのような学生のみなさんとは異なる審査のやり方がなされたりするような場合も十分に考えられます。

そのため、今まで社会人としてのこれまで培ってきたりした経験をアピールしたりするような、学生の方とは大いに異なる、特殊な面接訓練とかが独自に必要になってくるかもしれません。そしてそれだけではなくて、そうした今まで生きてきた学生さんの方よりも長い人生においての、これまで身に着けたりしてきたノウハウや仕事面においての技術のあり方、職場での仕事への取り組み方等々、それまでの生き方をどこまでアピールできるかが、やはり大きなポイントになったりしてきます。

そうした社会人のために、志望先に応じた面接トレーニングを実施している講座もあります。自己分析や志望動機のアドバイスをしてくれますので非常に参考になるはずです。自信をもって面接に挑めるように指導してもらえますので、面接に対する意気込みが変わってくるでしょう。面接の基本を再確認させてもらえることもまた勉強になります。

関連資料—公務員を目指す人への社会人講座<資格の大原・就職の大原>

 

記述・模擬試験について

記述試験とかは公務員試験においては常識なのが現状でもありますが、やはり、そのための専門学校や専修学校とかの場合には、模擬試験を常にやっているところとかも多いようです。しかしながら、それを社会人である希望者本人が受験をしたりするような事は、正直、現時点においての仕事柄、正直大変な労力を要したりする面も少なくはないかもしれません。

しかしながら、日頃から事務的なお仕事などに従事をしたりしているような方の場合には、意外と好成績などが出せたりするかもしれません。それでもやはり、そうした方はほんの一握りですので、そのほとんどの社会人の方が仕事や私生活面においての事情から、受験勉強への時間を割いたり出来ないという点が、現実であるといえます。

また、体力面と知力面の両方を必要とする自衛隊や警察、海上保安庁とかの場合には、本当に体力と頭の両方を酷使したりしたうえで、採用試験を受験したりするようなこととなりますので、本当に根気が必要になります。とにかく現在の仕事をこなしながら模擬試験への対策を立てたりするようなことになりますので、その労力の必要性などといったものは、決して半端な勇気や憧れだけではこなしたりする事はほぼ困難であるといえます。受験をするだけでも、社会人の場合には余程な覚悟が必要です。

公務員試験について

ここでいう公務員試験とは、誰もが一般的に考えているところとかでは、いわゆる筆記試験とかを思い描くのが普通かもしれません。それは確かに間違いとかではありませんが、一概にもこれは決して正しいとはいえません。

実は、それぞれの職種によっても、試験のやり方や受け方などといったものは、本当に異なります。そうした点を踏まえたりしたうえで、社会人の方でも受けられるような試験内容の職種を選んでいく心構えとかが、やはり必要です。

また、都道府県専属の獣医師のような公務員の職種とかの場合には、実際に実技試験と医学方面と生物学方面での専門的知識とかが必要なものなどもあったりしますので、そうした職種とかの場合には、まず社会人である方の場合には受験は愚か、獣医師免許を持っているような方でも合格をしない事がほとんどですので、覚悟をしたりしておく必要性があるかもしれません。

また、消防隊や自衛隊、警察、海上保安庁、官庁専属警備員などの場合には、体力面での様々な実技試験に加えて、それぞれの専門的学科の試験などもあったりしますので、本当に受験をする側も大変なのが現状といえます。試験を受ける前にやはり、自身が憧れで受ける錯覚をしたりしてはいないかどうかについて、自身のメンタル面を確かめる事が、非常に大事です。

社会人でも公務員になれる?

社会人でも公務員になれるのか、といった質問内容でもありますが、それ自体は基本的に、そこの国や自治体、独立行政法人などの組織が、一体いかなる人材を求めているのか、そして、その公務員になろうとしている社会人である希望者本人がどのような今までの経歴を過ごしたりしてきたのか、そしてどのような公務員になるうえでのスキルとかがあるのか、それらの現状において左右をされてきたりするものと、考えられます。

また、公務員の職業自体も、社会人希望者としてはなるべきものとならざるべきものとがあるのは確かですので、その点も事前にようく噂話の段階から事前にようく調べられる限り調べたうえで、採用試験を受けるか否かについての検討をするべきであるといえます。事実上、一旦公務員になったりした場合には、それまで今まで勤めていた職業などにおいて、それまで自由であった当たり前の行動とかが違法行為として思わぬところで監査の対象になったり、あるいは贈収賄事件とかに発展をしたりしてしまうようなところなどもある職種も、あったりしますので要注意です。

こうした現状などもあるところから、公務員になる職業といったものに関して、どのようなものがふさわしいのかについては、やはりようく念入りに考えていく必要性といったものは間違いなくあります。ただ、この記事上において、どのような職種が社会人の方には一番ふさわしいのかといったような事についてはいえませんので、その点については了承をしたうえで、話を進めていきます。